Webマーケティングの意味

Webマーケティングとは、簡潔にどんなことを意味するかご存知でしょうか。
一綴りで考えると難しいので、Webとマーケティングに分けて考えてみます。
Webは、Webサイトなどと用いられるように、インターネット上にある文章や画像、図表などの内容を総合的に示す言葉です。
もし、Webサイトという表現がありましたら、インターネット上にある中身がてんこ盛りの場所という意味になります。
マーケティングは、特定の目標に向かっていかに集客できるかを思案して、どのくらいのコンバージョン率(転換率)が期待されるのか計算して、集客を多く集める方法を実践レベルで検討することです。
端的にまとめるならば、市場調査を行い客が集まるように戦略を立てることです。

2つの単語を足してWebマーケティングとなりますから、マーケティングを行ってから、インターネットサイトの構成やページの表現、マーケティングから流れ込んでくるページ(ランディングページ)を臨機応変に変えていくことと定義をされます。
Webマーケティングは、パソコン分野での話に限定されると思われがちですが、各産業にも適用する手法です。
売上を伸ばすために、庶民の流行を察知してそれに合った製品・サービスを提供します。
それぞれの企業で、達成すべき目標を満たすには、Webマーケティングが掲げる理念を採用するのがよろしいのです。
産業を通じて世界に広まり、通用する利便性の高い理念です。


[お役立ちサイト]
コンテンツマーケティングの効果測定などの方法を紹介している支援サービスです ⇒⇒⇒ コンテンツマーケティング 支援